集客するためにはバナースタンドの利用がオススメ

大型のバナースタンドを使ってみたい

お店の規模が大きい場合、大型サイズのバナースタンドを設置することができます。しかしながら、大型のバナースタンドを選ぶときには必ずチェックしておかなければならないことがあるのです。

大きいバナースタンドの選定時の優先的に確認すべき項目

no.1

価格

宣伝する際に一番気になるのが費用でしょう。費用は安く済ませたいと誰しもが思います。業者のホームページにはバナースタンド自体の目安となる料金が記載されていますが、業者によっては印刷する料金が記載されていないところもあります。そのため見積もりをもらいましたら、印刷料金も含まれているのか必ず確認するようにしましょう。

no.2

バナースタンドの重さ

1位に次いで確認すべきなのが、どのくらい重いのかです。大型のバナースタンドは重いもので20kgになるのもあります。これだけ重いと一人で持ち運ぶのも楽じゃありません。一人でも持ち運びできるような重さのものを選ぶようにしましょう。

no.3

持ち運びやすさ

バナースタンドを撤去する際に、誰かが収納場所に持ち運ぶ必要があります。持ち運びしやすいサイズにすることができれば負担が軽減されます。持ち運びしやすいかどうか、商品の画像をしっかりと確認しましょう。

no.4

アフターフォローしてくれるか

何らかの理由でバナースタンドが壊れてしまう場合があります。そのような時に修理の対応をしてくれるのか確認しましょう。対応してくれなければ、また購入する必要が出てきますので、なるべく修理対応ができる業者を選ぶようにしてください。

no.5

校正の実施の有無

デザインのデータを入稿する場合、パソコンで作成すると思います。ここで注意してほしいことが、パソコンで出力された色と実際のバナースタンドの色が異なる場合があることです。そのためパソコンで出力した色と実際の色に相違がないかチェックしてくれるのか、依頼時に聞いてみましょう。

集客するためにはバナースタンドの利用がオススメ

バナースタンド

宣伝効果が高い

一番重要な箇所であるバナーの部分のサイズが大きいので、通常の看板よりもお客さんへ訴求力があります。飲食店で使用する場合新メニューの宣伝した場合に効果を発揮することでしょう。店先や店頭に設置すればお客さんの目に留まりやすく興味を持ってくれます。

すぐに撤去できる

もしキャンペーンの宣伝をする場合、そのキャンペーンの期限が過ぎたら撤去する必要があります。通常の看板を撤去したり差し替えをする場合、手間と時間がかかります。バナースタンドの場合は、コンパクトなサイズのものが多いため一人でも簡単に撤去ができるのです。

収納スペースに困らない

大きいサイズの看板ですと、どこに収納すればよいのか困ってしまう場合があります。サイズが小さいバナースタンドを利用すれば少しのスペースにも収納することができるのです。

組み立てが容易

バナースタンドにはハトメ式バナーやロールアップバナーなど様々な種類がありますが、どの種類のバナースタンドも構造がシンプルですので、一人でも簡単に組み立てることができます。そのため組み立てる時間もそんなにかかりませんので、通常の看板設置よりかは負担が軽いでしょう。

業者へ製作依頼する流れ

依頼

ホームページの依頼フォームから依頼しましょう。フォームには氏名や住所など必要事項がいくつかありますので、漏れなく記載するようにしてください。見積もりの返信がきますので、くまなく確認するようにしましょう。見積もり内容に納得がいきましたら契約成立です。

データを入稿する

データ入稿する方法は様々あります。メールに直接添付する方法やファイル転送サービスを用いる方法、またはCDなどのメディアに保存して送付する方法などがあります。業者によってはデータのファイル形式を指定している場合がありますので、事前にチェックしておきましょう。

料金の支払い

業者側でデータをチェックし不備がなければ請求書が発行されます。支払い方法としては銀行振込が一般的ですので、支払期日までに必ず支払いましょう。見積もり時に金額が提示されていると思いますので、すぐに振り込めるように準備しておくといいと思います。

商品を納品

業者側で入金を確認次第、バナースタンドの発送をします。大体どれくらいで商品が到着するのかは、ホームページに目安が記載されていますが、もし大量に発注した場合は記載されている目安よりも遅く到着する場合がありますので注意しましょう。また交通状況や天候の状況によっても遅延が発生する恐れがありますので、予め頭に入れておいてください。

広告募集中